Midori.K

先輩社員にインタビュー

Midori.K

TSビジネスユニット 設計
2012年入社 美術学部環境デザイン学科卒業

Q1

大学時代はどんな学生でしたか?

 美術大学のインテリア・建築系デザイン学科で、公園や街の図面・模型、実物大の遊具の製作を中心に取り組みました。今思えば、課題・実習・学園祭・アルバイト・趣味など、様々なことに好きなだけ取り組んだ充実した期間でしたね。実家が遠かったため、課題が佳境に入ると、大学の近くのファミリーレストランにこもったり、友人とルームシェアをした時期もありました。

Q2

コトブキシーティングを志望した理由は何ですか?

 学生時代から公共の施設やスペースに興味があり、それに関わる仕事がしたいと考えていました。その様に考えて企業研究をしていた時、コトブキシーティングを見つけたんです。すぐにHPを見て、個人家具ではない公共の椅子専門メーカーというところに魅力を感じ、説明会に参加しました。いざ説明会に参加して、納入事例や仕事内容を聞くと、コトブキシーティングの製品が、全国の有名な施設に納入されていることが分かりました。コンサートや舞台が好きな私がよく足を運んでいた施設も多く、コトブキシーティングをとても身近に感じたためです。
 入社後は、毎日新しいことを吸収して勉強の日々です。4年経った現在もまだまだ新しい事に出会います。新入社員研修では、工場や現場研修もあり、新規で納める椅子の検査や、改修工事を予定している会館の椅子の状態検査、組立や縫製、図面について学ぶことができました。研修の一環で連れて行っていただいた旧国立競技場の景色に圧倒されたことを今でも鮮明に覚えていますね。

Q3

どんな仕事をしていますか?

コトブキシーティングでの仕事 劇場・市民会館・映画館の客席椅子の設計を担当しています。営業からの依頼に基づいて、都度打ち合わせを行い、お客様へ提案するための配置図や製品図面を作成します。一つ一つ異なる座席数・形状の建築物に合わせるため、レイアウトを検討していき、椅子の意匠に関してもお客様のご要望を盛り込んで詰めていきます。現場調査や実測に行くこともありますね。そして、最終的な意匠や配置が決定すれば、製作図面の作成に着手することになります。さらに、劇場椅子は部品がとても多く、バリエーションも豊富なので、見本となる椅子を実際に製作した上で、実物を確認し、不具合の有無の検証も設計で行います。席数が多いため、一つ一つの段階がとても大切ですね。

Q4

仕事のやりがいや魅力について教えてください。

コトブキシーティングでの仕事 コトブキシーティングの製品は、一度納入すると何十年も使われるものですから、お客様も製品選定やデザインには慎重になります。ご要望に沿えられるよう知識と経験を増やし、機会があれば積極的に勉強会にも参加して、的確なアドバイスや提案が出来るように日々業務に取り組んでいます。
  都内の有名な劇場から地方の議場や市民会館まで、全国各地にコトブキシーティグの椅子があり、日本人なら一度は座ったことがあるといっても過言ではないと思いますし、誰にとっても身近であり、必要不可欠な製品に関われていることにとてもやりがいを感じます。コトブキシーティングの椅子をどこかで見つけると家族も喜んでいます。
 また、自分の設計した製品が整然と並び、さらに満員となった客席は本当に感動です。もちろん納入までは苦労することも多いですが、この景色を見ると達成感でいっぱいになりますね。

Q5

退社後やオフの日は何をして過ごしますか?

 休みの日は、旅行やコンサート・舞台によく行きます。47都道府県に行くことが今の夢ですね。旅先やコンサート会場で設置されている椅子が、コトブキシーティングの椅子かどうかチェックするのも楽しいです。事前に図面を見ていくこともあります。

※このインタビューは、2016年に行われました。

1日のスケジュール

08:15

出社

電車とバスで通勤しています。最寄駅~工場まで送迎バスがあるので便利です。

09:00

朝会

部署内で各自のその日の業務内容を報告し合う朝会を毎日行います。

09:10

設計業務

営業から設計への依頼内容を確認し、スケジュールを立てます。状況によっては営業に期日の交渉をすることもあります。

11:30

打ち合わせ

部署内で打ち合わせを行います。設計への依頼内容の確認・物件の報告・注意事項など、この場で情報共有をします。

12:00

昼食

天気が良い時は庭のベンチで食べることもあります。桜が満開の時期はとても素敵です!

13:00

設計業務

主にCADを利用しての設計と設計部門のメンバーが描いた図面を検図することが日々の業務です。見本椅子が出来上がると実物を見て検証します。営業同行で打ち合わせに出向いたり、現場調査に足を運ぶこともあります。納期が近づくと、物件ごとに工事や物流・生産管理等、製造部メンバーを集めて打ち合わせを行う機会が増えます。

19:00

退社

退社時間は日によって異なります。急ぎの時は、他のプロジェクトを担当しているメンバーも協力して作業します。

※このインタビューは、2016年に行われました。